化粧品原料の品ぞろえをアピール【人が集まるブース特集】

癸巳化成(横浜市)
@国際化粧品展(ビューティ&ヘルスWeek内)

DATA
施工会社:非公表
小間数:2小間
施工費:200万円

▲バーでボトルを並べるようにさまざまな化粧品の原料が入ったメスシリンダーを複数並べ、原料に強いことをアピールした

研究員は白衣を着用

 化粧品のOEMメーカー、癸巳化成(横浜市)は、「国際化粧品展」(ビューティ&ヘルスWeek内)でバーのようなカウンターと立ち椅子を設けた。カウンターの後ろにはバーでボトルを並べているようにさまざまな化粧品の原料が入ったメスシリンダーを複数並べ、原料に強いことをアピールした。

 会場には自社の研究員6人、営業4人の10人体制で臨んだ。研究員は、技術的な説明を聞いてもらいやすくなるよう白衣を着た。3つのデザイン会社から見積もりを取り寄せ、社風を伝えやすいと感じた1社に決めた。制作費用は200万円だった。

 化粧品業界はインバウンド消費の影響で活況だ。容器の供給が業界全体で足りておらず、大手でさえ製造を抑える状況だという。

関連記事

新着記事

  1. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

  2. 2021-11-27

    冬の流行に備え、インフルのワクチン接種に注力 @イギリス・ロンドン【11月24日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-11-26

    経済回復を軸とした国家予算を発表 @マレーシア・クアラルンプール【11月21日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-11-25

    不動産テックが急成長 市場の変化が後押し @賃貸住宅フェア

  5. 2021-11-24

    黒一色のブースにオブジェを配置し、存在感をアピール【人が集まるブース特集】#255

  6. 2021-11-23

    伝統の「灯ろう流し」再開で、経済活性化なるか @タイ・バンコク【11月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る