化粧品原料の品ぞろえアピール【人が集まるブース特集】

癸巳化成(横浜市)
@国際化粧品展(ビューティ&ヘルスWeek内)

DATA
施工会社:非公表
小間数:2小間
施工費:200万円

▲バーでボトルを並べるようにさまざまな化粧品の原料が入ったメスシリンダーを複数並べ、原料に強いことをアピールした

研究員は白衣を着用

 化粧品のOEMメーカー、癸巳化成(横浜市)は、「国際化粧品展」(ビューティ&ヘルスWeek内)でバーのようなカウンターと立ち椅子を設けた。カウンターの後ろにはバーでボトルを並べているようにさまざまな化粧品の原料が入ったメスシリンダーを複数並べ、原料に強いことをアピールした。

 会場には自社の研究員6人、営業4人の10人体制で臨んだ。研究員は、技術的な説明を聞いてもらいやすくなるよう白衣を着た。3つのデザイン会社から見積もりを取り寄せ、社風を伝えやすいと感じた1社に決めた。制作費用は200万円だった。

 化粧品業界はインバウンド消費の影響で活況だ。容器の供給が業界全体で足りておらず、大手でさえ製造を抑える状況だという。

関連記事

新着記事

  1. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  3. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  4. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  5. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)後編

  6. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)前編

ページ上部へ戻る