変異株への感染が止まらず、在宅命令が再発令@カナダ・トロント【4月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

▲営業している店舗内でも一部が閉鎖され、必要最低限の商品のみ販売が許可されている

 新型コロナウイルスのワクチン接種計画が第2段階に移行し、医療従事者の86%以上、80歳以上の81%以上が、少なくとも1回目のワクチン接種を終えた。これにより、人口の15%以上がワクチン接種をしたことになる。

 一方、トロントのあるオンタリオ州は17日、1日あたりの新規感染者数が4800人を突破した。ワクチン接種を推進しても変異株の感染スピードが速く、入院患者数や集中治療室の占有率が過去最多の状況だ。このまま増加が続けば、5月末までには1日1万人以上の感染者が発生すると予測される。

 そのため、特に感染率の高い地域に住む18歳以上の住民に対して、当初の予定よりも優先的に接種する計画が浮上した。該当の地域は、感染パターンや死亡率などを元に決められ、郵便番号で対象者を発表するという。

 同州ではロックダウンに加えて、在宅命令が5月20日まで再発令された。屋内の集まりは同居人に限定され、一人暮らしの場合は屋外で親しい友人や家族に会うことができる。在宅勤務や学校のリモート授業が要請され、必要最低限の買い物、医療以外の外出は、750カナダドル(約6万5000円)の罰金となる。警察が検問所を設けて、外出の目的や必要性を確認することが決まった。19日からは、仕事、物流、医療以外の移動を制限するため、隣接するケベック州やマニトバ州との州境に検問所を設ける。

 エア・カナダは、運賃の払い戻しを始めた。予約便の欠航や遅延、払い戻しができない航空券を購入して、2020年2月以降に旅行を中止した場合が対象となる。無期限の旅行券、マイレージプログラムのポイントで受け取りができる。ウェストジェットは6月4日まで、メキシコやカリブ海のリゾート路線を運休する。

▲割られたドア。長引くロックダウンで、酒類の盗難や迷惑行為の被害に合う飲食店が増加

 昨年、新型コロナの影響下で経営が厳しい飲食店の支援のため、4月15日を「カナダ・テイクアウトの日」と設定した。デリバリーより、テイクアウトの利用を推奨しており、SNSへの投稿から業界の活性化を呼び掛けている。

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る