3カ月ぶりのパブ営業再開 @イギリス・ロンドン【7月7日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/7/13
▲再開された地元のバーの様子

「スーパーサタデー」到来 入店を待つ長蛇の列も

 7月4日の土曜日はイギリス国民にとって記念すべき一日となった。この日はパブが3カ月ぶりに営業を再開する。この日を待ち望んでいたイギリス国民から「スーパーサタデー」と名付けられた。

 4日当日は、一部店舗では持ち帰りのみなどの自粛が行われていたが、多くのパブやカフェ、レストランが営業を再開していた。エリアによって混み具合には違いが見られ、人気エリアのソーホーでは人がごった返していた。セントラルロンドンでは並ばずに入れる店舗も一部あったが、中心部から離れたゾーン2やゾーン3の店舗では座って飲食したい場合は予約が必須。予約をしていない人が入店を待つために長蛇の列を作っていた。

 パブはイギリス最大の文化ともいえる場だ。実際に店舗を訪れると、周りから「Feel so good to be free! And have fun again!(自由ってなんていいんだ!また楽しめるよ!)」という言葉が飛び交っていた。実際、週末にバーを訪れてみると、以前とまるで変わらずに営業している店舗が多かった。

 ただ、そうした雰囲気の中、運営側には新型コロナウイルスの感染拡大の防止に努める姿が見られた。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る