在宅時間を快適にする照明や観葉植物が人気 @東京インターナショナル・ギフト・ショー 春

展示会名:第91回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 春 2021
会期:2021年2月3日(水)~5日(金)
会場:東京ビッグサイト 西・南展示棟
主催:ビジネスガイド社
出展者数:1432社

 パーソナルギフトと生活雑貨の展示会「東京インターナショナル・ギフト・ショー春」には、雑貨や家電、家具、本などの小売店、百貨店、ブライダル、テレビショッピングの関係者が集まった。特に、ECサイト運営者が多く来場し、在宅時間を快適に過ごすための商材として、スタンドライトや観葉植物、化粧品などに関心を寄せていた。60社がオンライン出展へ変更した一方で、会期直前に出展を決めた企業も5社あった。

 スタンドライトやスマートフォン用のライトを展示したエツミ(東京都新宿区)には、量販店やECサイトの運営者が訪れた。外出自粛や在宅勤務でオンライン会議ツールを使用する人が増えたため、顔を明るく見せるライトの需要が急増した。「アウトドアの撮影でも活用できる点をアピールしたが、関係者の来場は少なかった」(栗林拓也さん)

 無農薬栽培のバラから生産した化粧品を展示したフロンティア蓼科(長野県茅野市)には、ブライダルや百貨店の関係者が来場した。昨年と比べて、ECサイトの買付担当者が増えた。「バラの有機栽培は全国的に珍しく、OEMの相談やブライダルのアメニティとして扱いたいという声が寄せられた」(山﨑亜希子執行役員)

 ウレタン素材の観葉植物を展示した中島商事(愛知県豊明市)には、住宅、旅館、家具、本の関係者が集まった。手や部屋が汚れる、虫が付く、処理に困るなどの課題に対して、土を使わない商材を紹介し、注目を集めた。「予想外の業界から反応が良く、出展効果を感じた。1日15社と商談し、6社とは成約に至りそうだ」(中島吉之社長)

 陶器製造販売の丸モ高木陶器(岐阜県多治見市)には、百貨店やECサイトで工芸品を扱う担当者が来場した。日本の四季をテーマにした商品が、来場者の注目を集めた。「温度によって色が変わる陶器が人気で、Twitterに上げた紹介動画が700万再生を記録した。中国製のコピー品も出回るようになってしまった点が残念だ」(高木正治社長)

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る