サクラインターナショナルが感染予防の衛生認証制度への申請をサポート

施設の安全を証明しイベント開催

 イベント企画運営のサクラインターナショナル(大阪市)は、感染症予防の衛生基準「GBAC STAR™認証」において、申請代行や資料作成の支援を始めた。国内の代理店として、認証の取得をオンラインにて英語で行い、約2〜4週間で認定されるまでを代行する。

 「GBAC STAR認証」は国際的な衛生基準として、アメリカ・シカゴの洗浄業界団体「Global Biorisk Advisory Council(グローバルバイオリスク諮問委員会)」が開発した。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、イベント施設が認証を取得することで、来場者、施設スタッフ、主催者全てが、安全に施設を利用できるようになる。

 世界の約2000施設が、認証取得または申請をしており、世界的に認知が進む。各国の法律や条例などを考慮しながら国際基準で評価し、実務的な運用ルールを決定するという。日本ではパレスホテル 東京、グランド ハイアット 東京、ホテルオークラ 東京が認証された。他にも、コンベンションホール、イベント会場、スタジアムなども取得を検討中だ。

 アメリカでは、新型コロナウイルスの影響で、リアルでのイベントは開催ができない。一方で、米国で2番目の規模を誇る展示会施設、オレンジカウンティコンベンションセンター(フロリダ州・オーランド)は、同認証の取得により、昨年秋から何度かリアルイベントの開催に成功している。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-27

    「日本ホビーショー」存続のためクラウドファンディングを開始

  2. 2021-10-26

    カード制作事業はウェブ広告が好調、アプリ制作事業は電話営業【リード獲得100本連載】研美社(大阪市)

  3. 2021-10-25

    イベント再開で経済の活性化、新型コロナとの共存を目指す @イギリス・ロンドン【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  5. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  6. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る