首都圏でICU病床の利用率が100%の病院も @マレーシア・クアラルンプール【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 政府は11日、サラワク州の一部を除くマレーシア全土において、段階的にロックダウンへ移行することを発表した。1日あたりの新規感染者数は、2000~3000人で推移していることや、これまでに医療従事者の1450人が感染したことから、医療崩壊を予防するためとしている。

▲ロックダウンエリアでは店内飲食が禁止されテイクアウトとデリバーのみに

 クアラルンプール首都圏の公立大総合病院、クアラルンプール病院とマラヤ大学医療センターでは、ICU病床の利用率が100%に達した。新型コロナ患者の専用病院に指定された、北部の国立スンガイ・ブロー病院でも83%を超えたという。地方都市でもICUの病床不足は深刻で、5つの州で利用率が73%となり、政府は医療体制が危機的な状況であるとの認識を示した。

 今回のロックダウンは、「MCOセカンドフェーズ」または「MCO 2.0」と呼ばれ、13日から26日までの14日間実施され、クアラルンプール、ジョホール州、ペナン州など、3つの連邦直轄領と5つの州が対象となる。22日から2月4日までは、ソフトロックダウンの6州にも地域を拡大し、サラワク州の一部を除くマレーシア全土がロックダウンとなる。

 ロックダウン期間中、州間移動は禁止となり、半径10キロメートル内の移動に制限される。日用品の購入のための外出は一世帯2人のみで、車両1台につき2人まで乗車できる。結婚式、懇親会、会議、セミナーなどの集合活動は禁止となる。違反した場合は、最高で1000リンギット(約2万5000円)の罰金が科せられるという。

▲仕入れたアルコール類を店内で提供できないためメニューより2割安い価格で販売する飲食店も出てきた

 経済活動は、製造、建設、サービス、貿易や流通、大規模農園の5つの分野のみが許可され、オフィスは全体人数の30%までが出社が可能だ。飲食店の営業は、テイクアウトやデリバリーはできるが、店内での飲食サービスはできない。そのため、事前に仕入れたビール類を販売するバーやレストランもある。

 2015年以降、観光はマレーシアGDPの15%を占める主要産業であるが、20年からの損害額が12兆円に到達した。政府は航空関係者を除く企業への給付金は配布しておらず、マレーシア全国旅行代理店協会の代表は、マレーシア経済の再生には観光業が不可欠であるとし、給付金の配布に加え、ローン返済期間の延長、法廷ライセンス料、保険料などの救済措置を求めている。

関連記事

新着記事

  1. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

  2. 2021-11-27

    冬の流行に備え、インフルのワクチン接種に注力 @イギリス・ロンドン【11月24日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-11-26

    経済回復を軸とした国家予算を発表 @マレーシア・クアラルンプール【11月21日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-11-25

    不動産テックが急成長 市場の変化が後押し @賃貸住宅フェア

  5. 2021-11-24

    黒一色のブースにオブジェを配置し、存在感をアピール【人が集まるブース特集】#255

  6. 2021-11-23

    伝統の「灯ろう流し」再開で、経済活性化なるか @タイ・バンコク【11月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る