殺菌や測定など感染症対策技術に注目集まる @光とレーザーの科学技術フェア

  • 2020/12/19
展示会名:光とレーザーの科学技術フェア 2020
会期:2020年11月11日(水)~13日(金)
会場:東京都立産業貿易センター 浜松町館
主催:オプトロニクス社
出展者数:131社
来場者:2597人
出展者層:UVセンサー・光学膜・分光装置メーカー、光学測定機器製造
来場者層:光源メーカー、システム制作会社、食品メーカー、カメラ製造、大学
構成展:第10回 赤外線フェア、第7回 分光フェア、第7回 光学薄膜フェア、第7回 紫外線フェア、第5回 レーザー科学技術フェア、第5回 オプティクスフェア、可視光・次世代レーザー応用ゾーン

 産業用レーザーや光学技術の展示会「光とレーザーの科学技術フェア」では、新型コロナの感染予防に関わる技術が、光源メーカーやシステム制作会社などの担当者の関心を集めた。殺菌効果がある紫外線や、サーモグラフィーに使用される赤外線の利用が注目されている。

 UVセンサーを展示したアイ・アール・システム(東京都多摩市)には、殺菌光源メーカーや、システム制作会社などが来場した。測定装置と付属部品がセットになっており、価格メリットがある商材だ。「新型コロナの影響で殺菌関係や赤外線測定用途での販売数が伸びている」(柴田悠さん)

 光学膜製造の日本電気硝子(滋賀県大津市)は、体温測定のサーモグラフィーに使用するガラスレンズを展示した。殺菌効果がある紫外線を通すガラスなど、新型コロナ対策関連用途の需要が高いという。「コロナ対策関連と展示するだけでも来場者が目を止めてくれる」(田村森太郎さん)

 一方、特徴のある分光器も関心を集めた。科学機器メーカーの日進機械(香川県高松市)では、試作品の持ち運び可能な分光測定器が注目を集めた。現場で測定することができるもので、建物の劣化診断や海洋汚染の測定、バイオや製薬、工業メーカーでの使用を想定する。「中赤外線によって二次元で取れる成分分析機器はなく、珍しいと来場者の注目を集めた」(金﨑浩司さん)

 光部品や電子部品の輸入商社のアイセイ(横浜市)は、デンマーク社製の分光器を展示した。食品メーカーや、手術用のライトなどを製造する光源メーカーなどの担当者ら、1日約20人がブースを訪れた。ブース訪問者は例年の半分で、初めは2人体制で対応したが、午後からは1人を会社に戻していた。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る