スノーアクティビティとグルメを連携させたブランドづくり(一社)大雪カムイミンタラDMO【全国DMO巡り Vol.53】

 
  • 2020/11/30
▲眼下に街並みが広がるスキー場

「スキー場や飲食店での自動翻訳機やウェブ決済の導入を進めたい」

 「ウィズコロナ時代を見据えた観光地づくりのために、国内外の観光客受入れの環境整備に注力している」。そう語るのは、2017年10月に設立した(一社)大雪カムイミンタラDMOの島要介さんだ。同団体は北海道の8市町(旭川・愛別・上川・鷹栖・当麻・東神楽・東川・比布)で構成されるDMO。北海道最高峰の「旭岳」や「旭川動物園」などの人気観光地を擁し、国内では子ども連れ家族、海外では台湾や中国に人気のエリアだ。団体名にある“カムイミンタラ”はアイヌ語で「神々の遊ぶ庭」という意味で、エリア内にある国内最大の国立公園「大雪山国立公園」のことを指しているという。

 観光の目玉の1つが、この大雪山エリアのスノーアクティビティだ。世界屈指とされるパウダースノーが利用者に好評で、国際線のある旭川空港からもアクセス良好。だが、課題は世界における認知度の低さだ。世界のスノーリゾートと言えば、マッターホルンのふもとにあるスイスのツェルマットが有名だ。また、北海道において、真っ先に挙げられるのはニセコだ。「大雪山エリアと言われてもどこかが結びつかない人が多い。ブランドづくりと周知をしていかなければ、ツェルマットやニセコのようにはなれない」と島さんは語る。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

澤田りよ澤田 りよ
大学卒業後、国内重工メーカーに入社。海外営業を5年間担当し、外資メーカーへ。国内外のプロジェクトに関わった後、2017年に独立。研修講師、企業コーチング、一般社団法人副代表を務めながら、19年より本紙記者も務める。
 
おすすめ記事▶

関連記事

各地のDMOを続々取材しています!
DMO

【PR】地域の魅力をオンラインで発信!
オンラインイベントプロデュース

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  2. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  5. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る