丸みのあるデザインでブランド訴求【人が集まるブース特集】#224

ハートランド・データ(栃木県足利市)
@Japan IT Week

DATA
ブース施工:デザインカフェ(東京都中央区)
小間数:4小間
施工費:150万~180万円

▲感染症対策として風通しの良いブースになるよう、壁面の高さを人の背の高さ程度にしたという

 ソフトウエア開発の効率化と品質の向上につながるテストツールを展示したハートランド・データ(栃木県足利市)は、DTシリーズのブランドイメージをブースデザインで表現した。ブランド名の頭文字『D』を表現するために、ブース造作の角のほとんどに丸みを帯びたデザインを採用した。前回は白を基調としたシンプルなものだったが、今回は商品ブランドカラーであるターコイズブルーを基調とした。

▲▼ ブランド名の頭文字『D』を表現するために、ブース造作の角に丸みを持たせた

 来場者が行き来がしやすいように設計し、間口の幅も広くとった。「通常ならば壁面を高くするが、感染症対策で風通しを良くしたいと考え、人の背の高さにとどめた。それがデザインに特徴を与えた」(賣野高弘さん)

 今年度は4度の展示会出展予定があり、造作物を使い回すことでコストダウンにつなげている。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-27

    「日本ホビーショー」存続のためクラウドファンディングを開始

  2. 2021-10-26

    カード制作事業はウェブ広告が好調、アプリ制作事業は電話営業【リード獲得100本連載】研美社(大阪市)

  3. 2021-10-25

    イベント再開で経済の活性化、新型コロナとの共存を目指す @イギリス・ロンドン【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  5. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  6. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る