大阪初開催、アジア系企業の日本担当者も来場 @COSME Week 大阪

 
  • 2020/9/30
展示会名:第1回 COSME Week 大阪 2020
会期:2020年9月9日(水)~11日(金)
会場:インテックス大阪 6号館A
主催者:リード エグジビション ジャパン
出展者数:321社
出展者層:原料、OEM、容器パッケージ、研究機器、販促、物流サービス
来場者層:化粧品、健康食品、医療品、ヘアケア、商社、代理店
構成展:第1回 化粧品開発展 大阪(COSME Tech OSAKA)、第1回 国際 化粧品展 大阪(COSME OSAKA)
同時開催:第1回 ライフスタイル Week 関西、第1回 Japan マーケティングWeek 関西

 大阪で初開催された化粧品の研究・開発に関する展示会「COSME Week 大阪」には、エステや商社、メーカーなどの決裁権を持つ経営者層やバイヤーが来場した。出展者は新型コロナウイルスの影響による来場者の数を懸念していたが、想定よりも人出は多く、反応も高かったという。また、アジア系企業の日本法人担当者の姿も目立った。

▲日本の企業に加え、モンゴルやインドの企業も訪れたキコーコーポレーション(静岡県三島市)

 ヘルスケア関連商品を開発するキコーコーポレーション(静岡県三島市)は、肌に溶けるヒアルロン酸100%のフェイスシートを展示した。エステ、小売、商社で決裁権を持つ人が多く集まった。日本の企業に加え、モンゴルやインドの企業も訪れた。「以前は韓国製が求められたが、品質やイメージの良さから、日本製が求められるようになった」(渡邊あい子代表)

 山本香料(大阪市)では、天然の精油を使ったマスク用のスプレーと、マスクに貼るアロマシールを展示し、商社のバイヤーの注目を集めた。「これまで香料の提案をすることが多かったが、この新型コロナの感染拡大下でマスク需要が高まった」と平岡純也さんは話した。

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る