非接触のコンテンツに注目が集まる @Japan マーケティング Week 関西

  • 2020/9/30
展示会名:第1回 JapanマーケティングWeek関西
会期:2020年9月9日(水)~11日(金)
会場:インテックス大阪6号館C
主催者:リードエグジビションジャパン
出展者数:93社
来場者数:8507人
出展者層:ノベルティ、印刷、DM、什器・POP、デジタルサイネージ、ポイントサービス、営業支援、営業コンサルタント
来場者層: メーカー、サービス業、代理店

 メーカーやサービス業、代理店関連の来場者を主とするマーケティングについての展示会「JapanマーケティングWeek」では、デジタルサイネージやAIを利用したサイト運営、QRコードを使ったWEBカタログなどアフターコロナを見据えた非接触に関する展示が目立った。新型コロナウイルスが猛威を振るう渦中に開催されたこともあり、来場者数の確保が心配されたが、予想以上の来場者が会場に詰めかけ、すでに来年度の出展も決定したという企業も見られた。

 広告コンテンツ全般を制作するグミ(東京都渋谷区)のブースには300人の来場者が訪れ、スマホで遊べる非接触動画コンテンツに注目が集まった。「コロナ禍でイベントができず困っている企業が多く、今後は非接触のイベントコンテンツが求められているが、具体的にどうすればいいのか分からず勉強を兼ねた情報収集をしているようだ」(吉澤倫之プロデューサー)

 フジプライズ(札幌市)はトロフィーと楯、錫製の冷酒セットを展示。クリスタルのトロフィーと錫の冷酒セットに注目が集まり、200人と名刺交換をした。「周年事業などのお祝い時に興味を持つものの、どこに頼んでいいのか分からず何となくネットで業者を探すが、トロフィーなどは身近なものではなく善し悪しの想像がつきにくく困っているようだ」(藤田成彦取締役支店長)

 短時間スポット型の求人サイト「Timee」についてPRするのはタイミー(大阪市中央区)。飲食やイベント、倉庫関連の企業のほかにソニー損保と間口グループの関係者が訪れた。「アルバイトや派遣の時給は高騰気味。繁忙期と閑散期の落差がある業態にとっては、常時ではなくスポット雇用することで総合的な人件費を抑えたいようだ」(宮崎友シニアマネージャー)

 ギフトパッド(大阪市中央区)は500人と名刺交換。QRコードを使ったWEBカタログギフト「ギフトパック」を展示し、メーカーや代理店のマネージャーやプロデューサーなどの主任クラスが多く訪れた。「従来のカタログギフトは雑誌サイズなので保管場所が必要だが、DMサイズなのスペースがかからない手軽さに食いつく人が多い」(西川悦生次長)

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る