双方向参加型のオンラインゲームが人気 @広州遊楽設備国際産業展示会

 
  • 2020/9/18
展示会名:広州遊楽設備国際産業展示会
会場:中国進出口商品交易会展館(広州国際会議展示場)
会期:2020年9月9日(水)~11日(金)
主催者:中国文化娯楽行業協会、広州市協作辦公室、広州電子游戏国際産業展組委会
出展者数・小間数:200社・3万平方メートル(2019年実績は、600社・8万平方メートル)
主要出展者層:アーケードゲーム機体製造メーカー、アーケードゲーム用ソフトウェアベンダー、アミューズメント施設メーカー、子供向け遊戯機器メーカー、屋内アスレチック設備メーカー
来場者層:ゲームセンター、商業施設、遊技場、屋内アミューズメント施設、ホテル、遊園地

 商業用ゲーム機の展示会「広州遊楽設備国際産業展示会」には、最新アーケードゲームを探す中国のゲームセンターや商業施設の関係者が来場した。VR技術を利用した商品に注目が集まり、ウェブとの連動性や、双方向での操作性を持つ商材に対する関心が高かった。例年であれば3万人近くの外国人も来場するが、新型コロナウイルスの影響で今年はほとんどいなかった。

VR使ったオンラインスキーに2000人集まる

 対戦型ゲームを販売するNINED・広州玖的数碼科技(広東省広州市)には、ゲームセンターの経営者やテーマパーク関係者が1日100人以上訪れた。VRと現実世界を融合させたMR(Mixed Reality・複合現実)技術に関心が集まった。モニター部分を半透明にしたVRグラスを装着して相手と向かい合い、VRのボールを使ったバーチャルテニスの体験ブースを設けた。「ゲームに求められているのはオンライン対戦。5対5など多人数で対戦するものほど人気がある」(梁振声さん)

▲対戦型ゲームを販売するNINED・広州玖的数碼科技(広東省広州市)

 VRのソフトとハードを開発する広州市龍程電子(広東省広州市)は、実体験に近い感覚を楽しめるVRゲームを展示した。スキー体験ゲームではストックを握り、雪をこすりながら滑る感覚を楽しめる。ブースには1日に2000人近くが集まった。「VRにはスムーズな動きや視聴の心地よさといった技術と、コストのバランスが求められる」(鄭锦鹏さん)

▲2019年は「東京ゲームショウ」にも出展した北京楽客灵境科技(北京市)

 車上体験VRを展示した北京楽客灵境科技(北京市)には、ベンチャー企業や投資家が訪れた。海外の顧客も集まった。日本のコンテンツホルダーが開発に関わり、2019年は「東京ゲームショウ」にも出展した。「4K対応や双方向性が重要。顧客は最新情報を受け取りに来ている」(邵卫さん)

ゲームセンターやテーマパーク関係者が来場

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

【PR】METALEX出展社募集中
【PR】METALEXメタレックス

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る