電動サイクリングで夏季観光客アップを狙う【全国DMO巡り Vol.52】(一社)信州いいやま観光局

▲飯山線サイクリング

「冬季観光」のイメージ脱却へ

 冬の観光地として人気の信州エリアで、夏季の観光客取り込みに向けた取り組みが活発に行われている。2015年には電動アシスト付きスポーツ自転車を使ったサイクルツーリズム事業を開始。信越地域で9カ所のレンタサイクル拠点を設け、自由に乗り捨てできるサービスをはじめた。豊かな自然を満喫できるサイクリングをきっかけに、夏の観光客を集める狙いだ。

▲かまくらレストラン

 事業の中心にいるのは(一社)信州いいやま観光局だ。上信越高原と妙高戸隠連山の2つの国立公園にまたがる9つの市町村からなるDMOで、2010年に設立した。国内最大級のスノーリゾートである「信越自然郷スノーリゾート」として知られており、冬になると多くのスキー客が訪れる。毎年1月末~2月末には、かまくらの中で地元の鍋料理などを堪能できる「かまくら村」が設置され、海外からも多数の観光客が押し寄せる。「冬の観光スポットとしては既に多くの人に知られているが、夏の観光地としてはまだまだ知名度が高くない。冬季に偏っている外国人観光客を、夏季にも増やしていくことが課題だ」と同局担当者は話す。

 昨年はラグビーワールドカップ開催によりオーストラリアやアジア圏からの観光客が増えた。これまでは1~2時間程度しか滞在しない通過点となることが多かったが、レンタサイクルの利用者も増加しており、半日(4時間)~1日(8時間)滞在する人が増えてきているという。

▲信越トレイルトレッキング

 「昨年度はインバウンド向けのガイド付き体験型ツアー『Back to the FURUSATO サイクリングツアー』を造成し、外国人のモニターツアーを実施した。今後はアメリカのコロラド州にある『ベイルスキーリゾート』を参考に、サイクルツーリズムとトレイルトレッキングの両軸で夏季観光の認知度を向上させていきたい」(同局担当者)

今伝えたいこと

 『長野県』という広い地域で考えれば観光人気は高いエリアだが、『信越自然郷』というより狭い地域で見ると、まだまだ知らない人が多い。新型コロナの影響でアウトドアアクティビティにあらためて注目が集まっていることもあり、サイクリングなどの人気はもっと高まると思う。信越自然郷には夏季にもたくさんのアウトドアアクティビティがあるということを国内外の人に知ってもらいたい。

法人名:(一社)信州いいやま観光局
設立年月:2010年4月
所在地:長野県飯山市大字飯山1110-1

参加自治体・企業・団体:信越9市町村広域観光連携会議構成市町村(飯山市、中野市、木島平村、栄村、野沢温泉村、山ノ内町、信濃町、飯綱町、妙高市)
年間延べ宿泊者数:国内539万3000人(2019年度)
代表者:新家 智裕理事長

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る