夜間外出禁止令が解除 @タイ・バンコク【6月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

▲ニューノーマルながらも、日常生活が戻ってきた

飲食店に人の流れ戻る

 タイでは、新規感染者が海外からの帰国者だけになり、規制は徐々に緩和され、週末になると観光地に多くの人が訪れるようになった。

 6月15日からは夜間外出禁止令も解除された。飲食店はアルコールの提供が可能になった。ただし、認められたのは居酒屋を含む一般飲食店のみで、バーなどの飲酒を専門に扱う店舗は営業が見送られた。

 日本人が経営する居酒屋も再開したが、「結局は赤字で厳しい。以前以上にお客さんが戻らないと存続も危うい」と話す社長もいた。

 夜間外出禁止の期間中バンコクでは、自作の料理でオンライン飲み会を楽しむ人も増えた。1回の飲み会で2000バーツ(約7000円)を払っていたが、オンライン飲み会だと500バーツくらい(約1700円)で十分楽しめるという。

 バンコクで和食は高級料理の部類に入る。日本から食材を輸入する経費が高い上、人気に便乗して料金が高騰していた。だが、必要でない限り店に行く気のない人も増え、経営者の苦悩はしばらく続きそうだ。

▲減少する収入を賞金で補おうと、宝くじ売り場には多くの人が押しかける

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る