中小事業者の出展が中心[口コミ]@食と農の展示・商談会 前編

 
  • 2020/6/23
展示会名:食と農の展示・商談会
会期:2020年2月5日(水)
会場:さいたまスーパーアリーナ
主催:埼玉りそな銀行
出展者数:129社
来場者数:4159人
同時開催:埼玉県農商工連携フェア

 埼玉県内の食品生産者が出展する展示商談会「食と農の展示・商談会」。出展者は埼玉県内の農畜産物生産者、製造業者で中小事業者の出展が多かった。来場者は小売業者、飲食店、ホテルなどが中心だ。


給食業界は国産志向

日東食品(埼玉県桶川市)

 業務用の冷凍納豆のみ製造している。一般向けの市販は一切ない。ベンダー向けの通販業者が多く来場した。

 注目されたのはスティック納豆。すでに練り上げて、味付け済みだ。学校給食向けの商品で、簡単に給食などで提供できる。?年以上前から出しているが、いまだに見て驚く人がいる。訴求しきれていないと感じた。

 ビジネスホテルなどに向けた業務用は、特に有機や国産志向というのはないが、給食では国産を求められる。来場者はコスト意識が高く、高級な納豆は売れない。


安くて味のいいもの求められる

高橋ソース(埼玉県本庄市)

 ソースの製造販売。3時間で約50社が来場し、うち2割ほどと商談につながる見込みだ。来場者は外食と問屋が中心で、埼玉県内からの来場が多かった。

 来場者はコストを気にしており、安くて味がいいものを求める。また、便利なアイテムや有機、無添加なども求められている。


国産材料に評価集まる

ディボーネクラフト(さいたま市)

 パンの製造と販売を行う。名刺交換は20人ほどで、埼玉県内の小売店からのイベント出店の誘い、スーパーでの取り扱いの相談が多く寄せられた。

 埼玉県産のきくらげ入りのパンが関心を集めた。100パーセント国産小麦を使用していることもあり、安心安全という面でも評価された。日持ちするものを求められるが、無添加・減塩なので難しい。


海外バイヤーと話ができた

秩父ファーマーズファクトリー(埼玉県秩父市)

 ワイナリー。名刺交換は50人ほどで、新規は半分ほど。埼玉県内の居酒屋、卸、流通、デパート、飲食店が来場の中心だ。

 ウイスキー樽で仕込んだワインが注目を集めた。国内ではまだあまりないと思う。試飲はおおむね好評、来場者は珍しいものを探しているようだ。

 今回は輸出がキーワード。まだどうなるか分からないが、来場した海外バイヤーとも話をした。国産のぶどうを使った日本ワインの可能性はある。埼玉の特徴は、東京へのアクセスがよく、ビジネスチャンスが多い場所だ。


出展者口コミ、続きはこちら
この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
埼玉県内の食品生産者が出展 @食と農の展示・商談会

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る