(公財)福島県観光物産交流協会 震災の光と陰を伝える「ホープツーリズム」の拡大【全国DMO巡り Vol.46】

 
  • 2020/7/27
▲ 楢葉遠隔技術開発センターでのツアーの様子

学校や企業の研修で採用 19年度は45本実施

 福島県は、磐梯山、猪苗代湖、只見川などの温泉と自然、滝桜、花見山の桜などの花の名所、会津藩の歴史や日本酒などの伝統文化といった観光資源が豊富だ。だが、東日本大震災と、原発事故により大きな被害を受け、今も復興の途上にあり、避難指示が解除されない地域もある。

▲福島県浜通りの中部に位置する夜ノ森

 (公財)福島県観光物産交流協会が2017年に始めた「ホープツーリズム」事業は、震災と原発事故の教訓、福島県民の想いを後世に伝え、風評の払拭と産業復興によるまちづくりへの貢献を目指す。福島県と一体で行う活動だ。ツアーは、中高生の教育旅行や、企業の人材育成を目的とした研修旅行を対象とし、震災等の影響が大きかった福島県沿岸部(浜通り地域)を訪問したり、復興に向け挑戦する地域住民との対話を組み込む。復興が進んだ光の部分と、震災・原発事故の影響が残り続ける陰の部分をともに見聞きし、教訓を参加者自身に得てもらうことを目指す。19年度は45本のツアーを実施し、948人の参加者を得た。(新型コロナウイルスの影響で3月のツアー11本204人分は全て中止となった)

▲津波被害を受けた請戸小学校

 課題は、人材の確保だ。ツアーに同行し、案内役やワークショップのまとめを行ったり、復興に向けた取り組みを伝える人が足りない。これまでは貸切バスでの受け入れが中心だったが、数を増やすためには、一度に大人数で来県する団体客を受け入れられるように体制を整える必要がある。人材の確保のための事業を、今年度中に実施する予定だ。

代表者メッセージ

(公財)福島県観光物産交流協会 高荒 昌展理事長

協会の事業は、福島県と一体で運営され、県の政策・方針と一致している。「ホープツーリズム」は、県の課題である地域の復興に資する事業で、協会事業においても大きな位置を占る。県の交流人口の拡大や風評払拭等の復興をさらに進めるため、「ホープツーリズム」の認知度を上げ、学校・団体の来県を増やせるよう取り組む。

法人名:(公財)福島県観光物産交流協会
設立年月日:1988年6月1日
所在地:福島県福島市三河南町1番20号コラッセふくしま7階
参加自治体・企業:福島県
年間延べ宿泊数:1146万3840人(県全数。外国人含む)/海外16万72 90人(10人以上の施設)※ともに観光庁宿泊旅行統計値、2019年を利用
代表者:高荒昌展理事長


おすすめの記事
(一社)愛媛県観光物産協会  国内市場で早期対策【全国DMO巡り Vol.45】
 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る