海外のカフェを参考に【人が集まるブース】#212

丸利玉樹利喜蔵商店(岐阜県土岐市)
@東京インターナショナル・ギフト・ショー

DATA
施工会社:アドワン(大阪府南河内郡)
小間数:2小間
施工費:50万円

 テーブルウェアメーカーの丸利玉樹利喜蔵商店(岐阜県土岐市)は、海外のカフェのインテリアを参考にブースを作った。以前は、白を基調にしたものだったが、他のブースと差別化できなかったため、職人が手作りする一点ものの商品が際立つように心がけた。グリーンや造花で什器を飾り付け、ナチュラルな雰囲気を演出し、背景の黒い壁に白の手書き風文字を記し、インテリアショップのはやりも取り入れた。

▲使用するイメージが湧くディスプレイ

 展示した製品は全部で30シリーズほど。できるだけ仕切りを設けず多少の隙間を開け、製品を探しやすいようにした。

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  5. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-9-22

    壁側にパネルを配置して、開放感のあるブースを造作【人が集まるブース特集】#252

ページ上部へ戻る