死者ゼロ、48時間継続 少しずつ落ち着く市民生活 @イギリス【6月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/6/5

IKEAには入店に1時間の行列

 ロンドンでは、6月から6人までという条件付きながら、外で人と会えるようになった。庭先までなら自宅に人を呼ぶことも認められた。これにより、バーべキューパーティーも、お互い2メートルの距離を取り、使い捨ての容器を使えばできるようになった。とはいえ、1対1での交流が認められた少し前から、公園で大人数のパーティーを行う人も出てきている。

 小学校も再開されたが、通常30人のクラスが15人ずつに分けられたり、学年によって登校時間を変えるなど、大きな集団ができないような工夫されている。日本の小学1年生にあたる新入生の場合、通常は親が教室まで子供を連れて行くが、今は、校門で別れる。子どもたちには2メートルの物理的距離は求められないが、グループ外の人とは会わないように気が配られている。

 新型コロナウイルス感染による死者数は、英国全土で4万93686人になったが、ロンドンでは6月1日に48時間死者が出ていないことがニュースになり、少しずつ落ち着きを取り戻しつつある。今、被害が広がるのは、マンチェスターなど北イングランドだ。

 症状がある人全員に対し、感染の有無を確認するテストが5月28日から実施されることになった。ドライブスルーか、自宅でできるキットかを選択し、イングランドとウェールズでは全ての国民が、スコットランドと北イングランドでは5歳以上が対象になった。

 経済面では、給料の80%を補填(ほてん)する現行の対策が、10月まで延長された。


この先、会員限定記事です
       
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る