商業施設再開 政府はウェブ登録システムで行動管理 @タイ・バンコク【5月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

 
  • 2020/5/24
▲ウェブ行動管理システム『タイ・チャナ(タイは勝つ)』の登録画面

 4月下旬に、新規感染者数が1桁に減ったタイでは、その後も新規感染者の中心は海外からの帰国者で、1桁以下に留まっている。5月17日、3月下旬から営業停止していたデパートも営業が認められ、即日再開した施設も多い。飲食店の店内サービスは独立店舗に限られていたが、商業施設内の飲食店も再開がはじまった。 

 再開店舗が2割程度にとどまる商業施設もあったが、自粛に疲れた市民の多くが詰めかけた。再開初日にタイ全土で200万人ほどの人が商業施設を訪れたとメディアでは報道されている。

 飲食店では席やテーブルを密集させず、商業施設では、来場客の動きを把握するために、スマートフォンで手続きをしない客を入店させないことを義務付けた。だが、商業施設各社はが管理するのは難しいため、政府は『タイ・チャナ(タイは勝つ)』と命名したアプリではないウェブシステムを用意した。氏名、住所、訪問する施設を入力させ、入退店をぞれぞれチェックする仕組みだ。これまで検温しか行っていなかったスーパーマーケットも、このプラットフォームを使い始めている。

 政府発表によると『タイは勝つ』に登録したのは、再開初日だけで265万8754人だった。バンコクだけでも100万人を超えた。


この先、会員限定記事です
       
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

【特集】新型コロナウィルスがイベント、展示会産業に与えた影響

高田胤臣(たかだ たねおみ)高田 胤臣(たかだたねおみ)
東京都出身。タイ在住。1998年に初めてタイを訪れ、その後、バンコクで暮らしながらタイ語学校に通い、2002年からタイ在住。現地採用で数社に勤務し、2011年からライター専業に。著書に「亜細亜熱帯怪談」(晶文社)など多数。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る