商品のデザインコンセプト ブースで表現【人が集まるブース】#204

花岡車輌(東京都江東区)
@国際物流総合展

DATA
施工会社:ビコーズ(東京都葛飾区)
小間数:4小間
施工費:200万円

▲正方形のブースを中央で分け、左半分にデザイン関連の商材を置き、右半分のスペースには無人搬送車を走らせるコースを設えた

 開発中の無人搬送車と電動アシスト台車を展示した花岡車輌(東京都江東区)は、2年前リブランディングで打ち出した、モノトーン基調の高級感を、ブース造作でも採用した。正方形のブースを中央で分け、右半分にデザイン関連の商材を置き、左半分に無人搬送車を走らせるコースを設えた。ライティングの明と暗にもこだわった。展示物に照明を当て、その他の部分は暗くなるようにして強弱をつけ、ジャズのBGMを流した。「イメージを損なわないよう、シンプルで見やすいつくりを心掛けた」(花岡雅取締役)

 日々の営業にも使えるよう配慮した。「布の間仕切りも展示のボードも、ショールームなどで使える。できるだけ再利用できるような工夫も大切だ」(花岡取締役)

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る