竹を使ったパーテーション【人が集まるブース】#203

日建ハウジングシステム(東京都文京区)
@東京インターナショナル・ギフト・ショー

DATA
施工会社:Gフォレスト(鹿児島県薩摩川内市)
小間数:3小間
施工費:300万円

▲鹿児島県薩摩川内市、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと「竹でイエを建てちゃおう! プロジェクト」を展開する

 竹を原料とする新素材「竹セルロースナノファイバー」を販売する日建ハウジングシステム(東京都文京区)は、竹からつくったパーテーションでブースを作った。間仕切り壁を磁石でとめ、工事なしで間取りを変えられるのが特徴だ。鹿児島県薩摩川内(せんだい)市の職人が制作した竹細工や、竹製の落語寄席の高座台なども展示した。「薩摩川内市は全国で最も竹林が多いが、放置竹林の問題も生じている。竹を建材として用いることで、地方創生につながると考えた」(古山明義さん)

▲竹で作られた製品も展示した

 竹セルロースナノファイバーは、鋼鉄の5倍の強度を持つ。木は伐採して再び建材として使える大きさに成長するまでに30~40年かかるが、竹は4~5年で成長する。建材として研究が始まったのが4年前で実用化はまだ先だが、可能性を模索しているところだ。竹の造作は使い回すことを前提で制作し、今後は「次世代エネルギーフェア in 薩摩川内」にも出展予定だ。

関連記事

新着記事

  1. 2021-12-4

    オミクロン株予防のため、再びマスク着用を義務化 @イギリス・ロンドン【12月1日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-12-3

    不要名刺を奉納し、ビジネスの良縁を祈願する「Sansan 名刺納め祭」開催

  3. 2021-12-2

    東京ビッグサイト 東棟の利用再開

  4. 2021-12-1

    検索サービスをGoogleのロゴカラーで体現【人が集まるブース特集】#256

  5. 2021-11-30

    第40回 決裁・交通・食事 スマホなしでは生きられない?[今日の中国]

  6. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

ページ上部へ戻る