ダイビングツーリズムの人気が急上昇 @DRT Show(Diving Resort Travel Show)マレーシア

 
  • 2020/5/14
展示会名: DRT Show(Diving Resort Travel Show)
会場:KLCC(マレーシア・クアラルンプール)
会期:2020年2月14日(金)~16日(日)
主催者:LX Development Group
出展者数:500社
来場者層:観光ホテル関連、旅行代理店、ダイビング&ウォータースポーツ関連、物流・運輸、アパレル、一般
出展者層:ダイビング機器・施設、ウォータースポーツ関連、機器、観光関連、海洋保護組織

  マリンスポーツ関連の展示会「DRT Show」には、東南アジアのレジャー関連企業が集まった。マレーシアをはじめとする東南アジア諸国でダイビングで観光客を誘致するダイビングツーリズムに注目が集まっているためだ。東南アジアのダイビングスポットは年々認知度が高まっており、この展示会が業界関係者の間でアピールの場となっている。ダイビングツーリズムでは、クアラルンプールがシンガポールやバンコクと並ぶアジアの中心地となっている。

マリンスポーツの展示会

ツアー会社の増加で価格競争も

 インドネシアのバリ島でダイビングボートや観光クルーズ船を運営するMVSEAMORE(インドネシア)は今回が3回目の出展だった。バリは設備や宿泊施設などの環境が整ったダイビング先進国だ。近年人気が急騰するマレーシアで、バリの人気の再認知を図るために出展した。「各国でダイビングツーリズムが台頭しており、競合のリサーチの必要性を感じた。マレーシアのダイビング業者と情報交換できたのが一番の収穫」(Dewiさん)

▲MVSEAMORE(インドネシア)Dewiさん(写真右)

 インドネシアのビンタン島でホテルやリゾート施設を運営するNirwana Gardens(シンガポール)は、4回目の出展だった。継続して出展しており人気の変化も感じているようだ。「前回はスキューバツアーをアピールした。最近は、リゾート施設やホテルから出るオプショナルツアーを利用する客が多く、スキューバ以外のアクティビティが求められるようになった。今年はバナナボートやパラセイリングといった家族で楽しめるウォータースポーツを増やした」(Jazさん)

▲前回はスキューバダイビング商材がメインだったが、今回は家族で楽しめるウォータースポーツを提案したというNirwana Gardens(シンガポール)

 一部では価格競争も始まっている。6回目の出展となるMIRIDIVERS(マレーシア)は、一般来場者向けにダイビングツアーを販売し、RM1159(約3万7000円)の格安ツアーに人気が集中した。「シンガポールやマレーシアからの来場者が多かった。東南アジアのダイビングスポットが人気の一方で、競合が増えたことで価格にもシビアになった」(Jimmy Yongさん)

▲ 市場調査を兼ねて初出展したLeader Fins (エストニア)

 関連商品の売上も伸びている。マリンスポーツ用のフィンを販売するLeader Fins(エストニア)は、これまでネットでのみ販売していたが、アジア市場が拡大したため、市場調査を兼ねて初出展した。「価格にシビアだ。現状の最新モデルはグラスファイバー製が多いが、カーボンファイバー製が求められた。グラスファイバー製は高価だからだ」(Maksim Merkuriさん)。会場で手応えを得たことから、アジアのダイビングスポットで実店舗を構えることを検討するということだ。


おすすめの記事
越境ECで売り上げ倍増 コスメ【海外展示会挑戦記】

高田胤臣(たかだ たねおみ)高田 胤臣(たかだたねおみ)
東京都出身。タイ在住。1998年に初めてタイを訪れ、その後、バンコクで暮らしながらタイ語学校に通い、2002年からタイ在住。現地採用で数社に勤務し、2011年からライター専業に。著書に「亜細亜熱帯怪談」(晶文社)など多数。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る