中国政府の環境基準、年追うごとに厳格化 製造業や地方政府、最新技術への関心大 @中国環境博覧会広州展

  • 2020/9/29
展示会名:第6回中国環境博覧会広州展
展示会英語名:IE Expo Guangzhou 2020
会場:中国进出口商品交易会展馆
会期:2020年9月16日(水) ~ 2020年9月18日(金)
主催者:广东省環境保护产业协会、慕尼黑博览集团、中贸慕尼黑展览(上海)有限公司
出展者数・小間数:401企業(昨年は575企業)
来場者数:昨年は29000人
主要来場者層:政府部門、エンジニアリング会社、監視ステーション、下水プラント、科学研究機関、および化学、石油、製薬、電子機器、製紙、冶金、製鋼、セメント、食品、飲料、繊維、印刷、染色などの業界のバイヤー
主要出展者層:上下水処理、給排水、固形廃棄物処理、空気処理、土壌復旧、環境モニタリングなどの技術、設備サプライヤー
主要出展者:盈峰環境、联塑、瀚蓝環境、东江環保、首创、港荣水务、华南泵业、瓦特斯、新環、景津、同臣、安尼康、晟启能源、广州新奥、天尼威、膜天膜、中荷、思普润、桑涂環保、肇庆德通、中山斯瑞德、万德斯、傲江、巴安、铁汉生态

 環境技術の展示会「中国環境博覧会広州展」には、政府や公共施設の設計部門である設計院の関係者、研究員、が訪れた。中国政府が定める環境基準に対応する技術を探すためだ。政府が要求する環境基準は年々高くなり、地域によって状況が異なることから、変化に対応する技術が求められている。

 空気を観測し調整する設備や、空気中の顆粒物を検出する装置を展示した和誠(青島市)のブースには、政府の環境保護局、工業団地、製造業の担当者が来場した。「中国は地域によって政府の環境基準が異なり、特に空気汚染が深刻な北部に大きな需要がある」(修光伟さん)

 水や大気、土壌中のVOC(揮発性有機化合物)を検出する機械を製造するTATTON(広州市)には、環境保全業務に関わる人が1日あたり100人程度訪れた。来場者から求められたのは、政府の環境基準を満たし、感度の高い機器だという。「政府の環境基準は年々高くなる。数年かけて顧客をフォローする必要がある」(吴鹏程さん)

 有機廃棄物や重金属を吸着させるフィルターや、高濃度排水処理装置を扱う三和(萍乡市)には、排気・水処理関係の来場者が訪れた。塗装や印刷で使用する低濃度排気に対応する設備が注目を集めた。

 騒音と振動の観測機器を扱う斯万泰科(広州市)には、政府関係者、電力網設備関連、一般の工場関係者が訪れた。社員の健康や業務効率に影響を測るために機器を探す企業関係者もいて、小型で携帯しやすい計測機が関心を集めた。「機能のカスタマイズやオプション追加のしやすさも重要だ」(全海森さん)

 小型で携帯しやすい気体観測装置や水質観測装置を扱う上海森譜科技(上海市)には、工場や第三者検査機関などの関係者が1日200〜300人来場した。近年は大気関連の規制が多く、第三者機関や環境治理機関が、持ち運びに便利な機器を求めているという。「売り上げの60%を大気関連の観測装置が占めている」(卢宏伟さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-28

    デリバリーやテイクアウトで集客したい飲食店 @FOOD STYLE Kansai

  2. 2021-7-27

    イングランドでロックダウンを解除、マスクは義務から推奨へ @イギリス・ロンドン【7月21日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-27

    DMM.comが飲食・外食業界のオンライン展示会を開催【オンライン展示会】

  4. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  5. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る