消防靴を試し履き 15メートルの斜面を設置【人が集まるブース特集】

ミドリ安全(東京都渋谷区)
@防災産業展 in 東京

DATA
施工会社:ライム
小間数:8小間
施工費:400万円

▲消防靴などを履いて、高低差のあるコースを歩いてもらった

 安全靴や作業服などの製造販売を手がけるミドリ安全(東京都渋谷区)は、「防災産業展 in 東京」で消防靴を展示した。消防靴や安全靴を履き、障害物や高低差のある全長15メートルほどのコースを歩くブースをつくった。コースの高い位置を歩いたときに、ブース来場者の視界に消防靴が入るように高さを設定した。「来場者と説明員が一緒にコースを歩くことで、しっかりとコミュニケーションが取れたと思う。消防隊員が隊に戻った際、小隊長に『いい消防靴がありました!』と報告してもらうことが一番の目的」(田崎智也さん)

 ブースは毎回、コンペで選出する。8小間ブースで予算は400万円と伝え、最も優れたデザイン会社に決定する。ブースのイメージも毎回異なり、前回、前々回は消防らしく赤とオレンジ色をベースにしたが、今回はコーポレートカラーの緑と白を基調とした。制作を手がけたのはライム。

 防災系の展示会は定期的に出展しており、最も力を入れているのはパシフィコ横浜で行われる「緑十字展」。他にも建設系や食品系など、安全性が求められる産業の展示会には積極的に参加する。消防士や救急救命士などに向けた消防靴の価格は4万~5万円。2万円前後のゴム製の靴が主流だが、動きやすさや履き心地の面から、最近は多少高価でも革に防水加工を施した消防靴が求められる傾向にあるという。

関連記事

新着記事

  1. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  3. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  4. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  5. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)後編

  6. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)前編

ページ上部へ戻る