中国風ブースで漢方化粧品を表現【人が集まるブース】#199

プリマール(大阪府摂津市)
@化粧品開発展

DATA
施工会社:レブ・クリエイト(大阪府吹田市)
ブースデザイン:サインバード(京都府八幡市)
小間数:3小間
施工費:230万円(デザイン費込み)

▲昨年の9月から準備を始めたという

 中国の漢方を用いたヘアケア、スキンケア、口腔ケアに効果のある漢方化粧品を展示した、化粧品メーカーのプリマール(大阪市)は、中国風をイメージしたブースを作った。ブース中央に、楊貴妃のイラストを設置し、温故知新をもじった「温故美新」というキャッチコピーを掲げた。中国で歓待を表す赤を基調に、差し色で金を使った。

 同社の西陽介さんが気に入っているのは格子柄の造作だ。実際の木で作ると搬入時に折れる可能性があったため、ガラスのパネルに線を入れ中国風の格子を再現した。円柱の造作には花を飾った。

▲円柱に飾った造花は、100円ショップで買ってきて並べたものだ

 中国の広東省中薬研究所と昨年から協業で進めている商品だ。「ブースデザインに中薬研究所の意向を反映する必要があり、完成まで時間がかかった。昨年9月にプロジェクトを立ち上げ、デザイン、色、素材など、細部にこだわった。中国漢方を扱っていることを表現できたと思う」(西さん)

 ブースのできには満足したが、一つだけ誤算があった。「目の前が中国パビリオンだと後から分かったのだ。「中国風で差別化するつもりが、中国企業と間違えられることが多かった。周りの配置も把握することが必要だと分かった」(西さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-27

    「日本ホビーショー」存続のためクラウドファンディングを開始

  2. 2021-10-26

    カード制作事業はウェブ広告が好調、アプリ制作事業は電話営業【リード獲得100本連載】研美社(大阪市)

  3. 2021-10-25

    イベント再開で経済の活性化、新型コロナとの共存を目指す @イギリス・ロンドン【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  5. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  6. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る