木を使って国産メーカーをアピール【人が集まるブース】#196

匠(福岡市)
@国際ロボット展

DATA
施工会社:テー・オー・ダブリュー(東京都港区)
小間数:6小間
施工費:約600万円

▲2015年からブースのテーマは毎回『人とロボットの共生』

 自律搬送ロボットを展示した、ロボットメーカーの匠(福岡市)は、木材を使った和風のブースで、国産メーカーであることをアピールした。「ロボットの堅いイメージを払しょくしたい。人間が自然と共生するのと同様、人間がロボットと共生できるようなイメージを打ち出したいと考えデザインを決めた」(三國直行さん)

 自律搬送ロボットを製造する国内メーカーとして、物流倉庫や生産工場からの注目を集めた。これまでOEMでの生産が多かったが、来年からは新たなに自社ブランド製品に挑戦する。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る