ヨーロッパ建築をテーマに、壁や柱、カウンターを装飾【人が集まるブース特集】#245

マストレ(浜松市)
@JAPAN SHOP

DATA
施工会社:自社
小間数:2小間
施工費:約50万円(今回のために用意した装飾部分の費用)

 インテリアの輸入販売を手がけるマストレ(浜松市)は、錬鉄を使った家具や照明を展示した。ヨーロッパの文化として発展した『ロートアイアン』の加工技術を伝えるため、10年前からヨーロッパ建築をコンセプトとしたデザインを採用する。

 カウンターには自社製品、背景に照明を並べ、柱や壁の装飾にロートアイアンの技術をちりばめた。カウンターは使い回しで、ブランドロゴをあしらった柱や壁は一部を新調し、ヨーロッパ建築を想起させるブースに仕上げた。

 「製品の利便性を理解するため、ブースの施工は自社スタッフで行う。展示物や装飾物は、事務所からトラックで搬入し、5人で1日かけて組む」(杉浦大毅さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  5. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-9-22

    壁側にパネルを配置して、開放感のあるブースを造作【人が集まるブース特集】#252

ページ上部へ戻る