ヨーロッパ建築をテーマに、壁や柱、カウンターを装飾【人が集まるブース特集】#245

マストレ(浜松市)
@JAPAN SHOP

DATA
施工会社:自社
小間数:2小間
施工費:約50万円(今回のために用意した装飾部分の費用)

 インテリアの輸入販売を手がけるマストレ(浜松市)は、錬鉄を使った家具や照明を展示した。ヨーロッパの文化として発展した『ロートアイアン』の加工技術を伝えるため、10年前からヨーロッパ建築をコンセプトとしたデザインを採用する。

 カウンターには自社製品、背景に照明を並べ、柱や壁の装飾にロートアイアンの技術をちりばめた。カウンターは使い回しで、ブランドロゴをあしらった柱や壁は一部を新調し、ヨーロッパ建築を想起させるブースに仕上げた。

 「製品の利便性を理解するため、ブースの施工は自社スタッフで行う。展示物や装飾物は、事務所からトラックで搬入し、5人で1日かけて組む」(杉浦大毅さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  3. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  4. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  5. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)後編

  6. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)前編

ページ上部へ戻る