窓で異なる外の風景をアピール【人が集まるブース特集#190】

 
  • 2020/2/23
施工会社:サクラインターナショナル(大阪市)
小間数:2小間
施工費:非公開

日本電気硝子(滋賀県大津市)
@ 住宅・ビル・施設Week

▲壁一面に庭の写真を貼り、空間が広がってみえるよう工夫し、異なる窓ガラスを並べ、見え方の違いを比べられるようにした

 住宅用の防火ガラスをPRした日本電気硝子(滋賀県大津市)は2回目の出展だ。従来の住宅用防火ガラスには金網が封入されていたが、新製品は網目が一切ないのが特徴だ。ブースでは隣に網目入りの窓を並べ、部屋から庭を眺めた風景の違いを来場者にPRした。壁一面に庭の写真を貼り、ブースの先にも空間が広がって見えるよう工夫した。

 また、今回の小間位置が細い通路に面していたことからたくさんの照明を使いブースを明るくした。入りやすい雰囲気を作るため、上部は緩やかなアーチにした。製品紹介のテキストは細かい内容を省き、必要最低限の情報で分かりやすさを意識した。

 「前回は防火ガラスをバーナーであぶり、防火性をPRした。物珍しさで人は集まるものの、しっかり説明できなかった。今回はシンプルに製品の良さを伝えることを優先した。前回よりも反響は大きい」(大谷尚弘さん)

 施工はサクラインターナショナル(大阪市)に依頼。展示会によっては数社によるコンペをすることもあるが、今回は前回の反省点を生かすため、続けて同社に依頼した。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
自社の建築商材をブース造作に採用【人が集まるブース特集#187】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る