ウェブサイトを宣伝【人が集まるブース特集】#205

 
  • 2020/6/3

東亜バルブエンジニアリング(兵庫県尼崎市)
@機械要素技術展

▲今回のブースのテーマは『ネットのリアルの融合』。ウェブの3つのサービスに合わせて、ブースを3ブロックに分けた

 バルブメーカーの東亜バルブエンジニアリング(兵庫県尼崎市)は、昨年ウェブサイトを作り直した。『パルプソリューション』『鋳鋼技術ラボ』『TEST LABO』という3つのサービスサイトを開設したことから、展示会でも3つのブロックに分けてサービスを紹介した。「本当に困っている人が最初にとる行動はネット検索だ。そこで自社のウェブサイトをアピールすることを考えた」(原田和彦さん)

 展示台は組み合わせて高さを調整できる特注品だ。昨年「関西機械要素技術展」に出展した際、展示会以外での利用を見越して、施工会社に制作を依頼した。担当した凸版印刷(東京都千代田区)には、ホームページ、会社案内のパンフレット、動画制作をまとめて依頼した。「バルブ業界は変化が小さい業界だ。全てのメディアを連動し新しい見せ方をしなけえれば代り映えしない」(原田さん)


この先、会員限定記事です
       
【集まるブース】ではデータや写真を掲載しています。
無料会員登録は下のボタンから。

この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。



国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。
 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る