対象ごとに床面を3分割【人が集まるブース】#189

平和精機工業(埼玉県八潮市)
@Inter Bee

DATA
施工会社:ジールアソシエイツ(東京都中央区)
小間数:12小間
施工費:170万円

▲ブースとして全体のまとまりがありながら、対象エリアの区分けが分かりやすいと好評だった

 撮影機材メーカーの平和精機工業(埼玉県八潮市)は、例年は8小間だが今回は新製品が多く12小間で出展。2×6小間という横長のブースを3分割し、ブースの造作や壁紙、カーペットの色を変えた。青は一般ユーザ向け、黒は制作会社向け、シルバーは放送局向けと、それぞれゾーン分けして展示した。今回のブーステーマは立体感。一般ユーザ向けエリアでは壁を低く、プロ向けエリアでは高くした。施工会社はジールアソシエイツ(東京都中央区)。3社のコンペを経て初めて依頼した。シンプルで分かりやすいデザインが決め手になったという。

 「横長のブースなので、思い切って3分割した。統一感があり、見やすくなったと来場者から好評だ」(小林政武さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-12-4

    オミクロン株予防のため、再びマスク着用を義務化 @イギリス・ロンドン【12月1日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-12-3

    不要名刺を奉納し、ビジネスの良縁を祈願する「Sansan 名刺納め祭」開催

  3. 2021-12-2

    東京ビッグサイト 東棟の利用再開

  4. 2021-12-1

    検索サービスをGoogleのロゴカラーで体現【人が集まるブース特集】#256

  5. 2021-11-30

    第40回 決裁・交通・食事 スマホなしでは生きられない?[今日の中国]

  6. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

ページ上部へ戻る