商品以外、何もなくていい【人が集まるブース】#213

カイゾンジャパン(名古屋市)
@オートモーティブワールド

DATA
施工会社:巧創(名古屋市)
小間数:6小間
施工費:約300万円

 中国に本社がある自動車部品メーカー、カイゾンジャパン(名古屋市)は、商品を目立たせることを重視し、ブースの中は、説明用のパネルも、商談席もなく、極めてシンプルだ。「詳しい説明は後日。できるだけ多くの人と接点を作り、後からフォローできればと考えている」(山本実花さん)

▲商品だけを置いたすっきりとしたブースになった

 東京と名古屋の「オートモーティブワールド」に出展しており、今回が6回目。「東京モーターショー」にも出展したことはあるが、今はビジネスにつながりやすいこの展示会に絞っている。「人とくるまのテクノロジー展」には申し込んだものの、売り切れで出展できず、次回も順番待ちの状態だという。

関連記事

新着記事

  1. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

  2. 2021-11-27

    冬の流行に備え、インフルのワクチン接種に注力 @イギリス・ロンドン【11月24日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-11-26

    経済回復を軸とした国家予算を発表 @マレーシア・クアラルンプール【11月21日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-11-25

    不動産テックが急成長 市場の変化が後押し @賃貸住宅フェア

  5. 2021-11-24

    黒一色のブースにオブジェを配置し、存在感をアピール【人が集まるブース特集】#255

  6. 2021-11-23

    伝統の「灯ろう流し」再開で、経済活性化なるか @タイ・バンコク【11月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る