「若者を振り向かせたい」 自治体が高い関心 @TOKYO eスポーツフェスタ

 
  • 2020/2/19
展示会名:TOKYO eスポーツフェスタ
会期:2020年1月11日(土)・12(日)
会場:東京ビッグサイト 南1
主催:東京eスポーツフェスタ実行委員会
出展者数:38社

 eスポーツの普及と関連産業の振興を目的に初開催された「TOKYO eスポーツフェスタ」には、eスポーツの関係者と、一般消費者が来場した。展示会、競技大会、体験ブースという3領域で構成され、約30社が出展した。

▲サードウェーブ(東京都千代田区)には学校や自治体の関係者が集まった

 若者人気が高いeスポーツには、企業がマーケティングやスポンサー活動を活発化している。イベントを主催するeスポーツコミュニケーションズ合同会社(東京都渋谷区)のブースには、eスポーツとの接点を探す企業や自治体関係者が訪れた。「地方自治体からは20人ほどの相談があった」(筧誠一郎代表)

 「全国高校eスポーツ選手権」を主催するサードウェーブ(東京都千代田区)には、学校関係者も多く集まった。競技の一つの『ロケットリーグ』の試遊を実施したところ、子どもや自治体、学校の教師が集まった。「想定以上の集客につながった」(尾崎亜紗さん)

 スポーツイベントを開催する際、コートサイドに設置するパイプ椅子を販売するフアモサライフ(東京都文京区)は、eスポーツの観客席で使用することを想定した商品を展示した。「従来のスポーツイベントとは違う来場者層に出会えた」(朱書楷代表)

 海外企業も出展した。台湾のゲーミングパソコンメーカー、GIGABYTEは、ゲーミングに特化したり、動画を編集するクリエイターに向けて開発したパソコンをブースに展示し、試遊を呼びかけた。「ゲームが好きな高校生や大学生が多かった。エンドユーザーから意見を聞く機会になった」(Ines Tsaiさん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
eスポーツに行政も関心 周辺産業も拡大 @東京ゲームショウ

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る