対アジア向けビジネス支援サービスが並ぶ @海外ビジネスEXPO 東京

 
  • 2020/11/20
展示会名:海外ビジネスEXPO 2020 東京
会期:リアル2020年11月5日(木)・6日(金)
   オンライン2020年11月11日(水)~13日(金)
会場:東京国際フォーラム ホールB7
主催:海外ビジネスEXPO実行委員会
出展者数:52社
出展者層:IT企業、開発コンサルタント、アウトバウンド支援、ITエンジニア・外国人労働者採用支援、インフルエンサーマーケティング企業、英会話、信販会社
来場者層:ECサイト運用者、IT企業

▲2020年度は、福岡、東京、大阪の3都市でそれぞれハイブリッド開催を予定している

「海外ビジネスEXPO 東京」ハイブリッド開催される

 海外ビジネスに関する情報やサービスに関する展示会「海外ビジネスEXPO 2020 東京」が、今年はリアル(11月5・6日)とオンライン(11月11〜 13日)の両方で開催された。リアルの展示会では、中国や台湾、東南アジアなどアジア地域とのビジネスを支援するサービスが関心を集めた。

 グローバル人材派遣のゴーウェル(東京都中央区)では、東南アジアでの通訳翻訳の派遣が関心を集めた。優秀な人材が登録しており、現地法人設立時の幹部候補生採用の際や、東南アジア諸国の要人の来日時にも通訳派遣を行っている。「ミャンマー語の通訳をできる人は少なく、通訳を派遣できるのは貴重だという声が寄せられた」(師岡信一さん)

▲アジアの11の国と地域に支社を持つProdigee Media Japan(東京都新宿区)

 マレーシアに本社があるインフルエンサーマーケティング事業のProdigee Media Japan(東京都新宿区)では、アジアのトップインフルエンサーを活用したサービスが関心を集めた。ベトナム、インドネシア、タイのミレニアル世代向けの消費財を扱う企業が主な顧客だ。大手航空会社が、富裕層向けのビジネスクラスのPRにも活用している。「SNSが普及しているアジア地域と、親和性が高いサービスだという声があった」(高木啓介さん)

 EC・メディア事業のスターフィールド(東京都豊島区)は、アジア向けECサイト構築のサービスを紹介した。値段が高く高品質でも日本商品を好む台湾人向けに、化粧品や健康食品を扱う会社の利用が多いという。「パートナー契約や、自社の顧客に紹介したいという声が寄せられた」(綛谷明帆さん)

 人材派遣業のトキツ・コンサルティング(奈良県大和郡)では、中国語の翻訳通訳、中国人労働者派遣の紹介行い、中国との商品輸出入を行いたい人や、高度人材派遣を求めるIT関係者らが来場した。工場の技能実習生、中華料理店の調理師、製麺師といった派遣などを行っている。「新型コロナの影響で、来日が解禁になった今も、航空券価格の高騰により来日できない中国人労働者もいる」(時津由希子代表)


おすすめの記事
言語サービス専門展「ランゲージ・ビジネス・ジャパン」を初開催

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る