3つのテーマを個別に表現【人が集まるブース】#186

BESV Japan(東京都渋谷区)
@サイクルモード

DATA
施工会社:グローブマーケティング(東京都千代田区)
小間数:8小間+試乗ピット3小間
施工費:約600万円

▲パネルは雰囲気やイメージを伝えるため、あえて英語で表記した

 「サイクルモード」に5度目の出展をした台湾の電動自転車を輸入販売するBESV JAPAN(東京都渋谷区)は、ブランドカラーの黒とオレンジを基調に、ブースをつくる。今回は3つのテーマを用意した。新商品の折りたたみeバイクと2年後のテクノロジー、BESVブランドに代わる新ブランドの展示だ。「BESVブランドと、世界観の異なる新ブランドを展示した。BESVは黒基調でシックに、新ブランドは白を基調に明るく対照的にした」(澤山敏明代表)

 デザインと施工はグローブマーケティング(東京都千代田区)に展示会出展を始めた当初から依頼している。「3つのテーマとイメージを伝え、3案上がってきた中から決めた。イメージを伝えやすいブースに仕上がった」(澤山社長)

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る