写真映えする企画根強い人気 @テーマパークEXPO

展示会名:第5回 テーマパークEXPO
会期:2019月4日(水)~6日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示場
主催:TSO International
出展者数:195社
出展者層:デザイン・CG制作会社、防音材メーカー、イベント企画、アパレル、キャンプ用具
来場者層:公園・遊園地・アミューズメントパーク、舞台演出、施設関連の代理店
同時開催:ライブ&シアターEXPO、レジャー&アウトドアEXPO

 レジャー施設向け商材を集めた「テーマパークEXPO」では、写真映えを狙った商品や親子で一緒に遊べるサービスに、遊園地やアミューズメントパーク関係者の関心が集まった。SNSの普及により写真を撮って楽しめることを意識した商品や遊具の増加が目立った。

 空間装飾のハンズプロ(名古屋市)はトリックアートやバルーンを使ったフォトスポットを展示し、ホテル、遊園地関係者や、公園運営者、スポーツ団体運営者など3日間で700人を集めた。ラグビーワールドカップの前後から、スポーツに関するイラストに対するオーダーが増えているという。

 アトラクション企画のトラスト(愛知県小牧市)は、カラフルなネットでつくったアスレチックを展示した。子供が遊んでいる姿を、親が撮影することを意識したものだ。会場では展示会用に設置したモニターに映った我が子の姿を撮影する親の姿が多く見られた。その様子を見た遊園地関係者から、モニターをセットにした遊具に対する発注があったという。

 インスタ映えを狙ったフラッシュで柄が浮かび上がるTシャツを展示したのは、アパレルのGoodjob(岐阜県岐阜市)だ。植物園や遊園地の関係者が3日間で100人集まった。ウェブデザイナーからも好評で、協業に関する話があった。

 クライミングウォールの設計・施工の東商アソシエート(東京都中央区)は、身体を使う体験型ゲームを展示した。アミューズメント施設やフィットネスジム関係者から、気軽に身体を動かせるものに対する要望が多いという。子供に身体を動かす場を提供したいと考える親が増え、空きスペースを抱えているデベロッパーの注目を集めた。

関連記事

新着記事

  1. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  3. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  4. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  5. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)後編

  6. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)前編

ページ上部へ戻る