アウトドアレジャーに合わせた車の提案が注目集める @名古屋モーターショー

 
  • 2020/1/28
展示会名:第21回 名古屋モーターショー
会期:2019年11月21日(木)~24日(日)
会場:ポートメッセなごや
主催:中部経済新聞社 他
出展者層:自動車、二輪車、関連部品・装置・サービス
来場者層:車愛好家
出展者数:89社

▲ ホワイトハウス(名古屋市)

 「名古屋モーターショー」では、アウトドアレジャー関連の商品が、家族連れを中心とする来場者の関心を集めた。ドームハウスを展示した輸入車ディーラーのホワイトハウス(名古屋市)には、会期中にキャンプ場から10件単位の引き合いがあった。高密度ポリエチレン製で、直径3m、四畳半ほどの広さがあり、60分で組み立てができ、災害時の備えにもなる。「ロッジよりも扱いが容易なので興味を持つ人が多い」(木村文夫代表)

▲ ダイレクトカーズ(三重県津市)

 『ハイエース』のカスタマイズを専門とするダイレクトカーズ(三重県津市)では、キャンピングカーに改造したハイエースに家族連れの来場者が集まった。「自分が乗っている車を改造したい」という声が相次いだ。

▲1960年代のトヨタの人気車種「2000GT」が注目を集めたロッキーオート(愛知県岡崎市)

 土日の来場者は、車好きの個人が中心だ。マニア向けの展示も多く、国産ビンテージ車を扱うロッキーオート(愛知県岡崎市)では、1960年代のトヨタの人気車種「2000GT」のカスタムカーの展示に来場者が集まった。同社は会期中に3000万円の車を受注したという。

▲太陽GSC建設(愛知県知立市)

 太陽GSC建設(愛知県知立市)は、車好きを対象にしたガレージ付きの住宅を展示した。1階がガレージ、2階が住居というメゾネットタイプの賃貸住宅を土地オーナーに提案したところ、オーナーと入居者の双方から問い合わせがきた。「愛車と暮らす賃貸の潜在需要は大きい」(牧野治行さん)

 安全に関する製品も注目を集めた。SPREAD(東京都港区)では、レーダーシステムと連動し、後方から迫る四輪車をLEDの点灯で知らせる「後方死角検知機能」が来場者の関心を集めた。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
安全性能打ち出す各社 @東京モーターショー

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る