ブランドアピールよりもブースに注目を集めたい【人が集まるブース特集 #156】

 
  • 2019/9/25

三菱長崎機工(長崎県長崎市)
@MF-TOKYO(プレス・板金・フォーミング展)

DATA
施工会社:S.P.ビームス(東京都千代田区)
小間数:2小間
施工費:170万円

▲実物のリング状の製品を、この展示会のために本社の長崎県からじかに運び入れ展示した 。

ブランドアピールよりもブースに注目を集めたい

 三菱長崎機工(東京都中央区)が、ブースデザインのコンペで各社に依頼したのは、「主力製品のリングを展示すること」「3つの製品を動画で紹介するモニタを設置すること」「三菱グループのブースに多い、赤と白とは異なるカラーを採用すること」の3点だった。最初はどこのデザイン会社からも無難な企画しか上がってこなかった。だが、出展の目的は知名度の向上であり、目を引くブースにすることをチームは求めていた。

 「伝えた条件だと自由度が少ないようで、3社とも似たようなデザインの提案だった。再提案を依頼し、S.P.ビームス(東京都千代田区)から冗談半分で出てきたのが今回の案。社内では最も好評だった」(寺下櫻さん)

 デザインのメインはブース中央にしつらえたリング状の造作だ。リングを作る機械に強みを持つことをブース全体で表した。床や壁にも半円のデザインを施して全体的な世界観を統一した。


おすすめの記事
ブランドカラーの赤が映えるデザイン【人が集まるブース特集 #153】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。
 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る