丸と四角の時計が映える壁【人が集まるブース特集】#157

タカタレムノス(富山県高岡市)
@インテリアライフスタイル

DATA
施工会社:ムラヤマ(東京都江東区)
小間数:4小間
施工費:250万~300万円

▲▼ブースの表と裏で色を反転させた

丸と四角の時計が映える壁

 掛け時計や置き時計を製造するタカタレムノス(富山県高岡市)は正方形の4小間スペースの対角線上に壁をつくり、両面の壁いっぱいに掛け時計を展示して来場者の注目を集めた。「圧迫感を感じさせないよう、通路に対して斜めにブースを配置した。高さを確保し、たくさんの時計を展示した」(菊地圭輔専務)

 白をベースとし、アクセントで水色を使った。表と裏で色を反転させ抑揚をつけた。時計の形は大半が円か四角なので、単調さを避けるためだ。前回は濃い藍色だったが、今回は清潔感を演出するために青空のような水色を採用した。

 デザインは毎回、社内のスタッフが担当し、ブランドの世界観を反映させている。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-18

    約85%の視聴者が最後まで視聴する動画プラットフォーム『アペルザ TV』【オンラインツール】

  2. 2022-1-17

    コロナ下でのリード獲得は展示会を中心に、オンラインを強化 @Japan Home & Building Show

  3. 2022-1-15

    展示会は現場の担当者から商材・試作品への意見を聞く貴重な場[口コミ]@バリアフリー 後編

  4. 2022-1-15

    展示会は現場の担当者から商材・試作品への意見を聞く貴重な場[口コミ]@バリアフリー 前編

  5. 2022-1-14

    ツリー回収までがクリスマス ウッドチップやたい肥へ @イギリス・ロンドン【1月12日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-13

    市場動向をクラウドファンディングで把握し、本格製造へ @大阪インターナショナル・ギフト・ショー

ページ上部へ戻る