自治体・官庁関係者の来場増加 @ イベント総合EXPO

 
  • 2019/3/25
イベント総合EXPO
会期:2019年2月27日(水)~3月1日(金)
会場:幕張メッセ 展示場3~8
主催:リード エグジビション ジャパン
併催展示会:ライブ・エンターテインメントEXPO、スポーツビジネス産業展、地方創生EXPO

イベント業界関係者の商談会

 イベント業界関係者の商談会「イベント総合EXPO」では、同時開催した「地方創生EXPO」の影響か、官庁関係の来場増を実感する出展企業が多かった。

▲シャチハタが展示したのは浮世絵のように複数のスタンプを重ねて絵を作る新商品

 シャチハタ(名古屋市)は、スタンプラリー向けの新商品を展示した。インクの色が異なるシャチハタ製のスタンプを複数用意し、それぞれ1回ずつ押すことで絵を完成させるものだ。1回押しただけでは、何の絵かわからないため、全てのスタンプを集めたくなる仕掛けだ。昨年、本格的に販売を始めたばかりだが、100件以上に販売している。自治体関係者の反応が良く、目標としていた300件以上の見込み客獲得は達成できそうということだった。

▲アナウンスロボットの「しおりん」を展示した、
THKの小林久朗(左)と、リードジェンの石原進社長

 ロボット開発のTHK(東京都港区)と、ソリューション開発のリードジェン(東京都千代田区)が共同出展したブースでは、アナウンスロボットの「しおりん」を展示した。1月末に完成したばかりの商品のお披露目だった。ホテルや商業施設などの無人受付でコミュニケーションツールとしての使用を想定したものだ。ソフト次第で外国語にも幅広く対応できることから、自治体関係者の関心を多く集めた。ロボットは別の場所から遠隔操作で動かしており、しゃべり声も担当者の声を届けるため、AIではない。通信環境を整えればどこでも導入できるという。

 8000平方メートルの展示スペースを持つ東京流通センター(東京都大田区)には、イベント主催者や、映像会社が訪れた。都内の大型施設だが、知名度が低いことを解消するために出展した。見込客を30件獲得する目標で出展した。「手応えはあった」(久保将裕さん)


おすすめの記事
「地方創生EXPO」初開催

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る