重厚感と先進性のバランス【人が集まるブース特集】#237

太陽インキ製造(埼玉県比企郡)
@ネプコンジャパン

ブースDATA
施工会社:ディー・ファクトリー(大阪市)
小間数:6小間
施工費:非公表

▲光沢のある黒と、マットな黒と2種類の黒色を使い分けた

 化学メーカーの太陽インキ製造(埼玉県比企郡)は、各種インクや車載基板向けの材料を展示した。従来は和を重視したブース装飾だったが、今回は老舗企業の重厚感を出しつつ、先進的なイメージを打ち出した。企画や施工会社との連携は、入社1~2年目の若手社員が担った。

▲木目調の素材と植物のグリーンがベースに使用した黒色の重さを軽減した

 製品の黒をベースに、企業カラーの緑を差し色として用いた。黒はマットと光沢のある2種類の色を使い分けることで、単調な雰囲気にならないようにした。ブース造作に曲線を多用し、床材にクッション性のある木目素材を採用し、黒が持つ硬さや重さを緩和して来場者に硬さを感じさせないようにした。ブース上部にはフェイクの植物を装飾し、環境に配慮した製品であることをアピールした。「重厚感と先進的なイメージのバランスが良く、環境性能もアピールできた」(福島繭美さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る