ブース中央に通路 人通り増えて集客増【人が集まるブース特集】

 
  • 2018/9/30

千趣会(大阪市)
@ 広告宣伝EXPO

DATA
施工会社:リオエンターテイメントデザイン(東京都港区)
施工費:非公表

▲間口が広く通り抜けしやすいブースにしたところ、集客増につながった

 大手通販会社・千趣会(大阪市)は「広告宣伝EXPO」で、ファッションや化粧品、インテリア用品を扱う通販サイト『ベルメゾンネット』の会員約1500万人にダイレクトメールや広告などでプロモーションできる法人向けサービスを紹介した。

 ブース中央に広いスペースを確保して裏側の通路に出る『近道』にしたところ、フラリとブースに入ってきてそのまま滞在する人が多くいたという。ブースの端に設置したカウンターが資料を見せ、商談するのに役立った。「カウンターの裏に荷物や資料を隠せるようにしたのは正解だった」(福岡誠さん)

 同展示会への出展は3年連続。凝ったデザインのブースで出たこともあるが、注目を集めたものの、来場者の動線への配慮が欠けていたため、使い勝手はいまいちだった。今回のブースでは反省を生かした。

 ブース施工はリオエンターテイメントデザイン(東京都港区)。最近は同社に連続で依頼している。施工費は非公表。


おすすめの記事
造作費0円! トラック乗り入れ出張ブース【集まるブース】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。
 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る