出産・育児関連用品の展示会【第31回 ベビー・キッズ&マタニティショー】

セミナー開催で一般客呼び込む

全国ベビー&シルバー用品協同組合(東京都台東区)は9月30日~10月1日、育児関連の展示会『第31回 ベビー・キッズ&マタニティショー 2016』を開催する。会場は東京ビッグサイト西3ホール。 ベビー・キッズ&マタニティショーは育児用品の新製品の発表や商品のトレンドなどを発表する場として、子育て関連商品を扱う会社や一般消費者などおよそ1万人が集まるイベントだ。ベビー用品のメーカーや保険会社のほか、高齢者向け介護用品メーカーや教材販売会社など、さまざまな業種が出展する。 一般客を呼び込む企画も多い。会場では国内外の申請品を集めた「ベビーカー・抱っこひも展」や出産を控えた女性に向けてクラシックの演奏会を開く。また、産婦人科医師や東京大学医学部の研究員による講演も行い、集客を図るという。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る