コグニティ(東京都品川区) 主催者と交渉 出展料値下げ【海外展示会挑戦記】

  • 2018/8/25

▲コグニティ(東京都品川区)河野理愛社長(35)

コグニティ(東京都品川区)
@サウス・バイ・サウス・ウェスト(米)

会議での話の偏りや、話の論理性の強弱を検知するAI技術を提供するコグニティ(東京都品川区)はサービス利用者の9割を海外利用者が占めていたため、海外展示会に出ることを決めた。2年前の「サウス・バイ・サウス・ウェスト(SXSW)」(米)をきっかけに、「ザ・ミーティングショー」(英)、昨年には再度SXSWに出展した。

SXSWでは主催者と交渉し、出展料を下げることができた。スタートアップ企業であることや日本の新しい技術であることを訴えた。「大事なのは現地での交渉力」と河野理愛社長は話す。

展示会では予想通り来場者の反応もよく、手ごたえを感じた。アメリカはお祭り感覚で来場する人が多いため、ブースにボードを設け、来場者に意見を書かせる参加型のブースにした。イギリスは、英語力に関係なく、アジア人だけのブースでは話を聞く人が少ないと感じた。「アルバイトでもいいので、欧米人が1人でもいれば、話を聞いてもらえそうだ」(河野社長)

海外の利用者が多いため、そのまま海外展開を進めることも考えたが、人手不足に直面した。国内と海外で求められるものが違いすぎ、海外に割く人員を確保できなかった。だが、一時中断していた海外挑戦を今年の冬にも再開させる予定だ。


特集【海外展示会挑戦記】はこちら

アイカムス・ラボ(岩手県盛岡市) 認証マーク取得いよいよ販売攻勢【海外展示会挑戦記】

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る