▲Payke(東京都千代田区)広報・見ノ木まりなさん

Payke(東京都千代田区)
@MATTA Fair Kuala Lumpur 2018(マレーシア)

Payke(東京都千代田区)は3月にクアラルンプールで行われたマレーシア旅行博「MATTA Fair Kuala Lumpur」に初出展した。展示したのは、商品バーコードにスマートフォンをかざすと、母国語で詳細情報を取得できるアプリ「Payke(ペイク)」だ。食品、医療品、化粧品などスーパーやドラッグストアで販売している25万個の商品に対応する。

近々に訪日を予定する来場者がブースを訪れ、その場で「Payke」をダウンロードする人もいた。新規顧客獲得とサービスの認知を目的に出展したが、手応えは十分だった。今回は現地小売店と共同出展したが、次回は単独出展を予定する。「言葉に苦労したが、サービスはシンプルなので、現地の言葉を組み合わせ必死に提案した」(広報・見ノ木まりなさん)

7月はベトナム、8月は台湾の展示会に出る。


特集【海外展示会挑戦記】はこちら

奥谷金網製作所(兵庫県神戸市) 1年で海外拠点設立【海外展示会挑戦記】

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る