展示会名:コンテンツ東京 2018
会期:2018年4月4日(水)~6日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:1540社
来場者数:4万2594人
構成展:第8回 ライセンシングジャパン、第7回 クリエイターEXPO、第6回 映像・CG制作展、第6回 コンテンツ配信・管理ソリューション展、第4回 コンテンツマーケティングEXPO、第4回 先端デジタルテクノロジー展、第7回 グラフィックデザインEXPO

▲300社が1000以上の商品を展示した

 アナログから先端デジタル技術まで、コンテンツ提供者が出展する展示会「コンテンツ東京」が、4月4~6日、東京ビッグサイトで開催された。キャラクターなどのライセンス提供元が出展する「ライセンシングジャパン」では、インバウンド消費を狙い、「和柄」を打ち出した商品が目立った。松竹(東京都中央区)は、歌舞伎役者の舞台化粧「隈(くま)取り」を、昨年秋にライセンス化した。ブースでは歌舞伎を題材にしたライセンスをPRした。1806年創業の和紙メーカーの榛原(東京都中央区)は、伝統的な柄や流行を取り入れた和モダンなど「千代紙文様」をライセンス化した。今年初めて「ライセンシングジャパン」に出展し、意匠の貸し出しで新規顧客の取り込みを狙った。

 「ライセンシングジャパン」では300社が1000を超えるキャラクターを展示した。コラボ商品がヒットにつながりやすいことから、メーカーのマーケティング担当者や広告関係者が来場した。

 主催のリードエグジビションジャパン(東京都新宿区)によると、イラストレーター、漫画家、作曲家、ゲーム制作など700人のクリエーターが集まる「クリエイターEXPO」、VR・AR・高臨場感映像・体感システムなど最先端の表現・演出技術が集まる「先端デジタルテクノロジー展」など7つの展示会を合わせた「コンテンツ東京」全体で、1540社が出展し、3日間で4万2594人が来場した。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る