市場動向をクラウドファンディングで把握し、本格製造へ @大阪インターナショナル・ギフト・ショー

展示会名:第63回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 2021
会期:2021年9月16日(木)・17日(金)
会場:OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)2階
主催:ビジネスガイド社
出展者数:127社
来場者数:1万1201人
出展者層:生活雑貨、服飾雑貨、デザイン雑貨、食品、販促・マーケティングギフト、企業ギフト
来場者層:パーソナルギフトマーケットに携わる流通関係者

 ギフト業界の展示会「大阪インターナショナル・ギフト・ショー」には、小売店や百貨店、メーカー、商社の担当者やバイヤーが来場した。高品質や低価格に加えて、小ロットや短納期に対応できる商材に注目が集まった。出展者はSNSを活用した営業のほか、新商品の開発や輸入品の販売前に、クラウドファンディングで資金を集めつつ、市場の反応を確認してから本格製造に臨む企業が目立った。また、IoTを駆使した無人店を運営する企業、リアルでの出会いを重視する企業などそれぞれに応じた取り組みをする姿が見られた。

▲藤忠インターナショナル(大阪市)が出展した折りたたみ式のランニングマシン

 折りたたみ式のランニングマシンを展示した藤忠インターナショナル(大阪市)には、小売店や百貨店、メーカーの担当者やバイヤーが1日100社集まった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、本業である飲食店の経営が難しくなり、新規事業として参入した。クラウドファンディングで2126万円を集め、需要があると判断して一般販売を開始した。展示会では、ネット広告ではアプローチできない流通業者と出会えたことで、出展成果を感じたと話した。

▲オリーブ技研(大阪市)がコロナ下で社会貢献したいと企画開発したマスク専用の洗剤

 マスク専用の高級洗剤を展示したオリーブ技研(大阪市)には、バイヤー、小売店の担当者が来場した。コロナ下では広告宣伝費を抑えながら、新たな販路を模索する。自社サイトの問い合わせ対応、ECサイトの運営、SNSでの情報発信のほか、クラウドファンディングを活用して、新規顧客の開拓を目指す。リアル展示会としては2月に開催された東京展にも出展し、日用品ではなくギフトとしても、洗剤を活用できると宣伝した。

▲スポーツ業界での需要が伸びているという金属への印刷サービスの富安金属印刷(埼玉県草加市)

 金属への印刷サービスを展示した富安金属印刷(埼玉県草加市)には、バイヤーを中心に、化粧品やサプリメントのメーカーが来場した。テンプレートから選べることや、少数から発注できる点に注目が集まった。スポーツ業界で記念品として活用したい需要が伸びたため、新規顧客の開拓を目指して専門の部署を立ち上げた。ECサイトの運用や、オリジナルキャラクターと共にSNSで発信、ギフトやペット分野の展示会に継続的に出展して販路を拡大する。

▲テラゲンファーム(兵庫県伊丹市)ははちみつやハーブを出品した

 オンライン営業に注力する企業が増えた一方で、個人経営やアーティストにとってはECサイトの運営に対するハードルが高いようだ。はちみつとハーブを展示したテラゲンファーム(兵庫県伊丹市)の代表は、ECサイトは売り上げと手間のバランスが難しいと話した。営業活動を1人で担うため、キャッシュレス決済に対応した無人販売を始め、コロナ下で非接触サービスを求める人からも支持されている。展示会には今回初めて出展し、カフェや雑貨店、百貨店、商社が訪れ、協業の相談を受けたという。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る