使い回せる特殊な段ボールでコスト削減へ【人が集まるブース特集】#248

MAYA SYSTEM(東京都新宿区)
@教育総合展(EDIX)

DATA
施工会社:コンバートコミュニケーションズ(東京都新宿区)
小間数:2小間
施工費:300万円(年間4回分)

▲日本総代理店として独占販売する電子黒板を紹介した

 MAYA SYSTEM(東京都新宿区)は、オンライン授業に必要な機能を備える電子黒板を展示した。ブースのデザインは、海から見える朝焼けをイメージした。青とオレンジ色のグラデーションと、波型の造作物で表現した。

 特殊な段ボールを使用し、多くの素材を使い回す。展示パネルはマジックテープで張り替えができるので、展示会やターゲット層に合わせて使い分ける。会場では数人の社員が、各パーツをつなぎ合わせて、3時間で設営が可能だ。

▲特殊な段ボールを利用したブース

 造作にかかる費用を軽減するため、2年前から段ボール素材の活用を始めた。今期は4つの展示会に出展するが、同じ造作物を使うため、1開催あたり75万円でブース造作ができる計算だ。

▲組み立ても容易という

「従来は木工のブースだった。紙のブースに変更したところ、費用やデザイン、集客の全てに好影響だった」(升本晶さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  5. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-9-22

    壁側にパネルを配置して、開放感のあるブースを造作【人が集まるブース特集】#252

ページ上部へ戻る