昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

展示会名:第26回 ifia JAPAN(国際食品素材/添加物展・会議)2021
会期:2021年5月12日(水)~14日(金)
会場:パシフィコ横浜 ホールC・D
主催:食品化学新聞社
出展者数:約150社
出展者層:酸味料、甘味料、乳化剤、調味料、香料、着色料、保存料、酸化防止剤、バイオ技術、酵母・乳酸菌、強化剤、品質改良剤、その他の食品製造用添加物、昆虫食、食品原料マッチングサービス、睡眠研究の支援、流通管理システム、商社
来場者層:食品会社、食品開発、素材メーカー、研究機関
同時開催:第19回 HFE JAPAN(ヘルスフードエキスポ)2021

▲会場の様子

 食品素材、添加物の展示会「ifia JAPAN」には、食品素材メーカー、食品開発の担当者、研究機関の関係者が来場した。健康や環境に配慮した食材、効率化、省人化ができるサービスへの関心が高く、昆虫食、睡眠の質を調べる機器、食材のマッチングサイトが注目を集めた。

▲昨年末大手パンメーカーがコオロギパウダー入りパンを販売したことで、注目度が高まったというFUTURENAUT(群馬県高崎市)

 コオロギから作るプロテインパウダーを展示したFUTURENAUT(群馬県高崎市)には、食品関係者が1日で500人訪れた。メディアでもコオロギパウダーが取り上げられ、環境に優しいプロテインとして人気だ。「昆虫食の注目度が高く、1カ月という短い期間で、商談が成約したこともある」(櫻井蓮代表)

 睡眠の質を脳波で調べるサービスを展示したS’UIMIN(東京都渋谷区)には、食品開発の担当者が来場した。どの素材が睡眠に影響を与えるのかを分析できることや、機器が小型なサイズであることが関心を集めた。「睡眠の評価レポートで、不安を解消できたという声が寄せられた」(波戸園美さん)

 原材料を識別するバーコードのガイドラインを展示した、流通システム開発センター(東京都港区)には、食品関連の企業、特に開発担当者が集まった。国により日時の表示方法が異なるので、海外人材の多い職場からは、製造日や賞味期限をバーコードで表示できる点が好評だった。「入出荷のデータ記録を効率化し、省人化にもつながるという反応もあった」(分部佳奈さん)

▲マッチングサイトの認知向上のために出展したというICS-net(長野県長野市)

 食品原料のマッチングサイトを展示したICS-net(長野県長野市)には、食品メーカーの開発担当者、オンライン化を検討する人らが来場した。新型コロナの影響で外国人観光客が減り、和菓子や原料の砂糖の需要が減った。一方で、健康意識の高まりで、健康食材は人気だ。「品質やコストといった要望に合わせて、マッチングを行うサービスだ」(池務COO)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る