効率化のほか、労働災害や鳥類被害の予防にも注目が集まる @国際物流総合展

展示会名:第14回 国際物流総合展 2021 愛知(Logis-Tech Tokyo 2021 in Aichi)
会期:2021年3月9日(火)~12日(金)
バーチャル会期:2021年3月9日(火)~5月31日(月)
会場:Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
主催:(公社)日本ロジスティクスシステム協会、(一社)日本能率協会、(一社)日本産業機械工業会、(一社)日本産業車両協会、(一社)日本パレット協会、(一社)日本運搬車両機器協会、(一社)日本物流システム機器協会
出展者数・小間数:245社・775小間
来場者数:1万2549人
出展層:保管機器・仕分け・ピッキング・搬送システム、産業・運搬車両、パレット・コンテナ、物流機器部品、情報機器・ソフトウエア、包装システム、リスクマネジメント
来場層:運輸・倉庫、小売・卸売・商社、機械・精密機械、輸送用機器、電気・電子、食品、エネルギー、建設・土木、鉄鋼・金属、医薬・化粧品、アパレル、情報・サービス、通販、出版、官庁

 物流・ロジスティクス関連の展示会「国際物流総合展」には、物流、製造、倉庫、食品、アパレル業者が訪れた。コスト削減や効率化を目指す商材に加えて、労働災害や鳥類被害の予防にも注目が集まった。隔年で東京にて開催していたが、今年は製造業はじめ多産業が集積する愛知県で初開催となり、245社が出展した。来場者は愛知県を中心に、東海地区と関西地区が大半を占めた。

 製品を移動するカート、防護柵を展示したオカムラ(横浜市)には、保管効率を上げる商材を求めて、現場担当者から経営者までが幅広く集まった。新型コロナウイルスの影響下でEC需要が高まり、個別配送の物流量が増加したことが理由だ。「保管や品物選定システム、自律移動ロボットといった省力化、自動化が注目された」(町田憲治さん)

 電話ボックスのような簡易型のブースを展示した岐阜プラスチック工業(岐阜県岐阜市)には、製造業、倉庫業から主に決裁者が来場した。テレワークの普及で、空間不足に悩む来場者が多く、吸音材を用いて防音効果を高める点に関心を寄せる人が多かった。「実際に体感してもらうことで、性能の高さをアピールできた」(宮嶋一泰さん)

 鳥類による被害対策サービスを展示した日本鳩対策センター(大阪府東大阪市)には、自動車製造やアパレル、食品、倉庫業者が訪れた。天井が高い物流倉庫は鳥類が侵入しやすく、糞害対策に需要がある。「現場の状況に合わせて、ネットやワイヤー、電気ショック、においといった方法を提案した」(小林奨悟さん)

 トラックの荷役作業台、昇降ステップ、足場台を展示したピカコーポレイション(大阪府東大阪市)には、トラックを扱う物流業や製造業の物流担当者が集まった。作業の内容や用途に応じて、手すりや足場台を追加できる安全性が好評だった。「荷役作業時の労働災害を予防したい担当者が多かった」(山川伸男さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る