テレワークを推進する個室ブース、会議システムに関心集まる @Interop Tokyo

展示会名:Interop Tokyo 2021(インターロップ)
会期:2021年4月14日(水)~16日(金)
オンライン会期:2021年4月19日(月)~23日(金)
オンラインカンファレンス:2021年6月9日(水)~23日(水)
会場:幕張メッセ 国際展示場4~7
主催:Interop Tokyo 実行委員会(ナノオプト・メディア)
来場者数:3万7707人
出展者層:各種ITサービス、通信機器メーカー、映像機器メーカー、デジタルサイネージ
来場者層:IT、通信、映像
同時開催:デジタルサイネージ ジャパン 2021、ロケーション ビジネス ジャパン 2021、APPS JAPAN 2021

リアルとオンラインの同時開催

▲1994年に始まり、昨年は初めてオンラインのみで開催した「Interop Tokyo(インターロップ)」

 インターネット技術の展示会「Interop Tokyo(インターロップ)」には、サービスプロバイダや販売代理店のほか、幅広い業界から担当者が集まった。テレワークの普及により、ネットワークの保守やオンライン会議システム、個室ブースが関心を集めた。昨年は初めてオンラインのみで開催されたが、今年はリアルとオンライン展示会、オンラインカンファレンスの3部で構成された。

 デジタルサイネージを展示したメディアエッジ(神戸市)には、販売代理店よりもエンドユーザーが多く集まった。デジタルサイネージを応用して、何か新しい取り組みをしたい人が多く、自社のデータを表示したいという需要があった。「熱意を持った来場者が多かった。来場できない地方の顧客には、オンライン会議システムで展示物を紹介した」(下平浩史さん)

▲真剣に商材を探す人が目立つと話したネットワンネクスト(東京都千代田区)

 ICT機器を展示したネットワンネクスト(東京都千代田区)には、サービスプロバイダのほか、幅広い業界からネットワークの保守に関する商材を探す企業が集まった。ICT機器を保守することで、長寿命にしたい需要が増えた。「2日間で100件のリードを獲得できた。有効なリード数は例年と変わっていない」(後藤靖史さん)

 業務用の電話機、会議システムを展示したダイワテクニカル(東京都大田区)には、さまざまな業界から、テレワークの環境を整えたい企業が集まった。決裁権を持つ人が多かった。日本製から安価な海外製への買い替えが増えた。「想像以上に来場者が少なかった。ネット検索からの問い合わせが増えたので、SEO対策に力を入れている」(崔智之CEO)

▲アコースト・コーポレーション(東京都千代田区)が展示したオフィス用個室ブース

 オフィス用の個室ブースを展示したアコースト・コーポレーション(東京都千代田区)には、通信関連、販売代理店が来場した。テレワークの普及で、オンライン商談時に活用したい要望が高まる。「本業はブース制作なので、施工会社ならではのデザインで勝負したい。オンライン展示会用のブース制作も始めた」(小松万宜朗さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  3. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  4. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  5. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)後編

  6. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)前編

ページ上部へ戻る